20代女性育毛剤【抜け毛、薄毛対策にはコレ】

20代女性におすすめ育毛剤 BEST3

血流改善と細胞活性化がポイント

女性育毛剤を紹介します。ストレスや睡眠不足、自律神経の乱れなどによって血流が乱れ、毛母細胞の働きは弱くなってきます。ここでは血流改善、細胞活性化作用のある成分を配合した女性育毛剤を紹介します。

順位 商品名 金額 商品詳細
マイナチュレ
4,093円~
90日間返金保証
毛根を活性化する成分たっぷり
血流を改善する有効成分をはじめ、細胞を活性化する海藻エキス、保湿と抗炎症作用のある植物など合計30種類の成分を配合。
ハリモア
3,800円~
30日間返金保証
毛根を活性化する成分たっぷり
血流を改善する有効成分をはじめ、細胞活性化成分、頭皮環境正常化成分など合計28種類配合した濃密育毛剤。低刺激だから敏感肌でも安心。
花蘭咲
5,184円
45日間返金保証
エビネエキスで血流改善
血行促進作用の高いエビネエキスやセンブリエキスを配合。さらに頭皮環境を改善する植物エキスも配合し、育毛をサポートします。

20代女性にマイナチュレが選ばれる理由

有効成分で血行促進

マイナチュレには血流を改善する有効成分「センブリエキス」をはじめ、ニンジンエキスやニンニクエキス、クロレラエキスなどを配合。豊富な血行促進成分が血流量を改善し、栄養分と酸素を毛乳頭に補給します。栄養分を受けた毛乳頭が成長因子を産生し、髪の毛の成長を促進します。

ミツイシ昆布エキスで細胞活性化

マイナチュレには北海道産ミツイシ昆布のエキスを配合。ミツイシ昆布エキスには保湿成分をはじめ、フコイダンやミネラルなどの成分が大量に含まれています。フコイダンには細胞を活性化する作用があり、抜け毛の抑制、髪の毛の成長をサポートします。

頭皮の炎症を抑制

マイナチュレには植物由来エキス、生薬エキスがたっぷり含まれています。炎症を抑制する有効成分「グリチルリチン酸2k」、「ジフェンヒドラミンHCI]をはじめ、保湿作用と抗菌作用のある天然成分が頭皮の炎症や乾燥を抑制し、毛穴の詰まりを予防します。

女性育毛剤「マイナチュレ」 商品詳細

合計30種類の育毛成分を配合。有効成分「センブリエキス」が血流を改善。さらにミネラルやフコイダンなどを含んだ北海道産ミツイシ昆布エキスが毛乳頭細胞の活性化をサポートし、育毛を促進します。

また、マイナチュレには17種類の植物エキスも配合。乾燥しやすい女性の頭皮をしっかりと保湿し、ストレスなどで荒れやすい頭皮の炎症を抑制します。香料や鉱物油、パラベン、合成界面活性剤などは無添加だから安心して使用できます。
金額 4,093円~
成分 センブリエキス、グリチルリチン酸2k、ミツイシ昆布エキスなど
返金保証 満足出来なければ90日間返金保証付き

20代女性の育毛対策 生活習慣改善

20代女性の薄毛、抜け毛の多くはストレスや過度のダイエットが原因です。栄養をしっかり取り、毛乳頭に栄養を補給することで、髪の毛は成長します。ここでは20代女性の育毛対策に欠かせない生活習慣を解説します。

●食事
抜け毛の原因として過度のダイエットや偏った食事が挙げられます。髪の毛の成長にはタンパク質をしっかり摂る必要があります。お肉、魚、卵、大豆などに含まれています。脂質の多いお肉ばかりでなく、大豆などもしっかり摂る事をおすすめします。

またビタミン郡も重要です。ビタミンB、C、Eが特に重要です。ビタミンB郡は代謝を上げ、炎症を抑制する働きがあります。レバーや卵、チーズなどに含まれています。またビタミンCとEには活性酸素を抑制し、血流を改善する役割があります。ビタミンCはみかん、イチゴなどの柑橘類に、ビタミンEは大豆やゴマに含まれています。



●睡眠
睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌量が減少します。成長ホルモンは体の細胞の働きを活性化する働きがあり、髪の毛の成長に非常に重要です。最低でも6時間は睡眠時間を取ることがおすすめです。

●喫煙
タバコに含まれているニコチンは血管を収縮する作用があります。血流が悪くなると栄養や酸素が細胞まで十分に届かなくなります。また、タバコを吸っていると活性酸素が増えます。活性酸素は細胞や血管にダメージを与えます。さらに、活性酸素を抑える為にビタミンCを消耗してしまいます。薄毛、抜け毛が気になる場合はできるだけ禁煙をおすすめします。

20代女性の薄毛、抜け毛 2

20代女性の薄毛、抜け毛の原因の多くは「ストレス」「過度のダイエット」です。血流を改善して栄養分をしっかり摂ることで、毛母細胞は活性化して髪の毛は成長します。他に20代女性に多いのが産後脱毛と円形脱毛症です。

●産後脱毛
妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えます。女性ホルモンは毛母細胞を活性化する作用があります。その為、髪の毛の成長期が通常よりも長くなります。出産と共にホルモンのバランスが正常になると、これまで成長期にあった髪の毛が一気に退行期に移行して抜け落ちてしまいます。出産した後の脱毛はほとんど一時的です。3ヶ月から6ヶ月程で回復します。

●円形脱毛症
円形脱毛症20代女性に多い抜け毛の症状です。原因はストレス、自己免疫性疾患です。これはリンパ球(免疫)が毛母細胞を攻撃してしまうことで起こる脱毛です。コイン状に地肌が完全に見えるほど抜け落ちます。通常の抜け毛は地肌が透けるほどの症状の為、違いははっきりわかります。円形脱毛症の対策は皮膚科に行く事をおすすめします。免疫を抑制するステロイドを使う方法が一般的です。

育毛シャンプーで抜け毛、薄毛対策

20代の薄毛対策では育毛剤と共にシャンプー選びも大切です。石油系合成界面活性剤などの洗浄力の強いシャンプーは頭皮にダメージを与えます。刺激の強いシャンプーは皮脂を必要以上に取り除いてしまい、かえって皮脂が過剰に分泌されてしまいます。その結果、毛穴が詰まり抜け毛の原因になります。



シャンプーをしているのに頭皮が痒い、赤くなったり、湿疹が出来る場合はシャンプーがあっていない事がほとんどです。その場合は洗浄力の優しいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。アミノ酸洗浄成分は毛穴の汚れを吸着しつつ、頭皮を優しく洗います。皮脂を取り過ぎる事がないので、湿疹やフケ、痒み、毛穴づまりを予防します。

薄毛対策では、アミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーで毛穴の汚れをとりつつ、頭皮環境を整える事が大事です。シャンプー後はタオルドライをしてから育毛剤を使用します。女性育毛剤が血行促進作用のある生薬エキスや細胞活性化作用のある海藻エキスなどを毛根にしっかリ届けます。

シャンプー、育毛剤を使用した後のドライヤーでは、高温で長時間、同じ所を当て続けないようにします。頭皮を痛めてしまいます。なるべく短時間で手早く終えるようにする事をおすすめします。あとは濡れたままで放置すると冷えで血行が悪くなります。

56種類の成分を配合した女性育毛剤「ベルタ育毛剤」



ベルタ育毛剤には56種類もの育毛ケア成分を配合。有効成分には血流改善作用のあるセンブリエキス、酢酸トコフェロール、炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムを配合。さらに、32種類の成分をナノカプセル化。毛穴より遥かに小さなカプセルのため、毛穴の奥までしっかり浸透します。

ベルタ育毛剤には他にも、髪の毛のハリ、コシを支えるコラーゲンに欠かせない抗糖化作用のある植物エキス、頭皮をしっかり保湿するコラーゲン、ヒアルロン酸、細胞を活性化するプラセンタ、14種類のアミノ酸など、育毛ケア成分をたっぷり配合。さらに、ベルタ育毛剤は香料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンなどのストレス成分は無添加。敏感肌でも安心して使用できます。

ベルタ育毛剤のおすすめポイント

血流改善作用で毛根活性化
有効成分「センブリエキス」「酢酸トコフェロール」には血管を拡張する働きがあります。血流量が改善することで、栄養や酸素が毛乳頭に届きやすくなります。毛乳頭に栄養が届くと成長因子が産生され、毛母細胞の分裂活動が活発になり、毛髪は成長します。
抗糖化、抗酸化でハリ、コシ改善
加齢と共に糖化や活性酸素が増えると、毛髪を支えるコラーゲンが減少し、髪の毛のハリ、コシが低下します。ベルタ育毛剤には抗糖化作用のあるシルバーバイン、ウメ果実エキス、抗酸化作用のあるシナノエキス、スターフルーツ葉エキスなどを配合し、頭皮の老化を予防します。
フケ、痒みを抑制
ベルタ育毛剤には炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウム、ボタンエキス、ビワ葉エキスなどの植物エキスを配合。さらに、14種類のアミノ酸が頭皮に潤いを補給します。育毛ケア成分はナノカプセル化されているので、毛穴の奥までしっかり浸透し、頭皮環境を整えます。

産後の薄毛対策



出産後は抜け毛が増加します。出産後は女性ホルモンの分泌が急激に減少します。さらに、授乳による育児などにより、栄養不足や睡眠不足が重なります。産後の抜け毛は3ヶ月目くらいから目立ちはじめ、3ヶ月から4ヶ月程継続します。殆どの場合はしばらくすると薄毛は改善されてきます。ただ、産後のストレスや栄養不足、代謝低下などによって産後の脱毛がなかなか回復しないこともあります。ここでは産後の薄毛対策について紹介します。

●ホルモンバランスの改善
産後はホルモンバランスが乱れやすい時期です。特に、女性ホルモン「エストロゲン」は細胞活性化、血流改善などの働きをし、薄毛対策には欠かせません。産後の抜け毛が続く場合には、イソフラボンやザクロなど、ホルモンバランスを整える食材をしっかり摂る事をおすすめします。

特に、イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があります。大豆イソフラボンは豆腐、豆乳、奈糖、油揚げなどに含まれています。大豆と共に摂りたいのが腸内細菌を増やす乳酸菌です。イソフラボンは腸内細菌によって「エクオール」と呼ばれる物質が作られます。このエクオールが女性ホルモン作用を発揮します。乳酸菌はヨーグルトをはじめ、納豆、漬物などの発酵食品に含まれています。

●頭皮ケア
妊娠中から産後にかけて頭皮は敏感になります。フケや痒みが出やすくなり、炎症や毛穴づまりを引き起こします。毛穴が詰まると酸化を起こし、毛髪の成長力は低下してしまいます。フケや痒みの予防にはアミノ酸系の刺激を抑えたシャンプーの使用がおすすめです。石油系界面活性剤を使用したシャンプーはフケ、痒みがひどくなり、頭皮環境が悪化します。

また、ビタミンB郡をしっかり摂る事も大事です。特にB2、B6が大事です。ビタミンB2は脂質の分解作用をはじめ、細胞の再生、代謝の促進作用があります。B2は不足すると炎症を引き起こします。レバーやうなぎ、牛乳、ヨーグルト、納豆などに含まれています。ビタミンB6にはタンパク質代謝作用や皮膚炎の予防、ホルモンバランスの改善作用などがあります。ビタミンB6はカツオ、マグロ、レバー、とうもろこしなどに含まれています。

●サプリメント
産後は授乳の影響で栄養が不足しがちです。産後におすすめのサプリメントとして、葉酸、DHA、乳酸菌などがあります。葉酸には母乳の出を良くする作用、胎児の発育、細胞活性化などをサポートする作用があります。

DHAには脳神経細胞の活性化、血中コレステロール値の低下の作用があります。産後うつの予防作用や子供の脳の発育にもぜひ取り入れたい栄養素です。魚に多く含まれていますが、手軽に補給できるサプリメントも人気です。乳酸菌は腸内細菌を増やす作用があり、女性ホルモン作用のあるイソフラボンの吸収をサポートする作用があります。

●育毛剤の使用
産後の薄毛の改善には育毛剤の使用もおすすめです。産後の授乳中はリアップなどの医薬品が使用できません。その為、血流改善作用のある生薬を配合した育毛剤がおすすめです。産後は頭皮が敏感なため、できるだけ低刺激の女性用育毛剤がおすすめです。産後の育毛剤にはマイナチュレをはじめ、ベルタ育毛剤、エンジェルリリアンプラスなどがおすすめです。

薄毛予防の育毛剤選びについて



20代では髪がまだまだあり、薄毛の心配は感じないかもしれません。女性の場合、30代に入るころには女性ホルモンが減少しはじめます。また、ストレスなどによる血行不良も発生し、抜け毛が発生しやすくなります。将来起こる可能性がある薄毛に備え、早いうちに対策をしておくことがいい事です。ここでは、薄毛を予防するための育毛剤選びについて紹介します。

・若いころから予防として育毛剤について
若い頃から育毛剤を使用することに抵抗があるかもしれませんが、育毛剤は薄毛や抜け毛予防にも有効です。若いころのほうが新陳代謝もよく、毛髪はしっかりと成長します。この時期に育毛剤を使えば、より毛髪が成長します。その他、日頃の睡眠や食事などの生活習慣の改善も並行して行うことも欠かせません。睡眠不足やストレスは血行不良などの原因となり、毛髪の成長を妨げます。

・薄毛を予防するためにどんな育毛剤がいいか
殆どの女性用育毛剤には血流改善作用のある生薬、炎症を抑える植物エキス、保湿成分などが含まれています。薄毛予防ための育毛剤選びについては、無添加タイプがおすすめです。香料や着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤などの添加物が入っていない低刺激タイプをおすすめします。育毛剤を使用して頭皮に痒みや赤みが出た場合はすぐに使用を中止します。(参考:20代女性育毛剤

・育毛剤選びの注意点
育毛剤の多くは医薬部外品です。医薬品に比べると効果は緩やかになります。医薬品にはリアップがありますが、リアップは血流改善作用はつよいのですが、その分刺激もあります。また、医薬品「リアップ」は未成年や妊娠中、授乳中の人は使用することができません。薄毛が進行し、育毛剤では改善出来ない場合は、医薬品の使用をおすすめします。

円形脱毛症の原因、治療法



●円形脱毛症の症状
円形脱毛症は丸く穴が空いたように脱毛します。10円ハゲなどと呼ばれる症状で多くが1箇所から2箇所の「単発型円形脱毛症」です。その他、円形脱毛症が頭部の様々な所で発生する「多発型円形脱毛症」、頭髪のすべてが抜け落ちてしまう「全頭脱毛症」などもあります。

円形脱毛症の場合、抜けた髪の毛はハリのように毛根が細くなっています。また、頭皮の温度が周りよりも少し低く、頭皮が湿っているような感覚もあります。

●円形脱毛症の原因
円形脱毛症の原因ははっきりしていません。主に遺伝や環境によるストレスが考えられます。遺伝、ストレスが引き金となり、自己免疫疾患を引き起こしています。免疫システムが毛母細胞を攻撃してしまい、毛母細胞の活動が停止している状態です。

●円形脱毛症の治療法
単発型の場合、時間とともに免疫システムの活動がおさまり、円形脱毛症は改善します。できるだけ早く改善したい場合は皮膚科での治療をおすすめします。皮膚科ではステロイドの塗り薬や飲み薬などを処方されます。その他、血流改善作用のある塩化カルプロニウム(フロジン液)なども処方されています。

円形脱毛症が発生して6ヶ月以上経過し、症状が固定している場合はステロイド局注による治療を行なっています。また、全頭型タイプで円形脱毛症が拡大している場合は局所免疫療法でリンパ球の活動を抑える治療も行なっています。